ベタとシュモの事とか
それ僕の・・・
110430a.jpg

菫用の金魚の餌を食べる貝。※家のベタ達はみな金魚の餌が好物です

110430b.jpg
それ僕のご飯ー!!

5月1日の午前5時半からCSのアニマルプラネットにて「世にも奇妙な生き物たち:奇妙な子孫繁栄」の再放送があります。
後半にベタが登場します。
この日は無料放送デーなのでスカパーが見られる方は是非
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタ・アクア
いろいろ遭遇
110408a.jpg

ジブリ美術館に行ってきました。

110408b.jpg
まっくろくろすけさんギュウギュウ

110408c.jpg
うぃ~、ヒック・・・

110408d.jpg

その後は三鷹の隣の吉祥寺へ。いつかこの辺りで飲みたい、と思って早4年。
飲みたい・・・。

110408e.jpg

新宿でブラブラしてから原宿へ行くとレッドブルカーに遭遇。
(写真は横浜で見かけた時のもの)

「Red Bullうまー」と表参道ヒルズの相向かいの通りを歩いていると前方をムッシュ熊雄が女性と一緒に歩いていました(笑)
Posted by テール
comment:4   trackback:0
[シュモクザメのぬいぐるみ
初心者あるある
110404a.jpg

雌を飼うまでフレアリングするのは雄だけだと思ってた。

110404b.jpg
紅はするよ!思いっきりするよ!

CSのアニマルプラネットで「世にも奇妙な生き物たち」という番組が放送されたのですが、「奇妙な子孫繁栄」という回で3分程度ですがベタが紹介されていました。
録画しといて良かった!
Posted by テール
comment:4   trackback:0
[ベタ・アクア
障害のあるベタの寿命
110403a.jpg

この仔達はみんな姉妹で、障害のあるベタです。
ベリスラ、奇形、失明、などです。

110403b.jpg

骨がくの字に曲がっている仔。
くの字奇形の仔達はみんな、曲がった所から下半身にかけてが成長不良で、下半身だけ凄く薄っぺらでした。

曲がった体の所為で正常な仔より動きが鈍いのですが、特別問題はありませんでした。

歪みが激しい仔の方が短命でしたが、それでも1年前後は生きてくれました。

110403c.jpg

ベリスラちゃん。
ベリスラの仔達も、普通の飼育方法で1年半前後生きてくれました。
飼育環境によっては、きっともっと長生きしてくれたんだと思います。

110403d.jpg

障害のある仔は体があまり大きくなりません。小柄です。
でもこの仔達に限って言えば、病気は一切しませんでした。
同じ兄弟のオスが1度、軽い尾腐れになったくらいです。

110403e.jpg

障害があっても餌をしっかり食べて呼吸もちゃんと出来ているなら、正常な仔と大きく変わらない、というのが私の印象です。

障害の有無に関わらず困るのは、餌が食べられない仔、吸った空気がエラから漏れてしまう仔です。
この2つはどうしたらいいか未だに分かりません
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタ・アクア
素敵な椅子
110402a.jpg
素敵なイス発見。

110402b.jpg
こうやって座るのも中々・・・。

110402c.jpg
こっちの椅子も乙ですね。

110402d.jpg
防災にも使えます。
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタ・アクア
紅緒の腫瘍について
110401a.jpg
▲2008年12月21日

腫瘍の話が続きますが今回はベタの腫瘍について・その1の加筆修正版になります。

110401b.jpg
▲2009年11月14日

怪我をした訳でもないのにエラの下、胸ビレの付け根の周囲が白く変色しています。
日が経つにつれ、そこが膨らんできました。
薬浴はせずアンブレラリーフと塩をいれて、こまめな水換えを心がけました。

110401c.jpg
▲2009年12月10日

自然に腫瘍の一部がとれました。

110401d.jpg
▲2009年12月17日

でもすぐにまた腫瘍が膨らんできました。鱗も捲れ上がっています。
腫瘍がある右側の胸ビレだけ随分と小さくなってしまいました。

110401e.jpg

この頃には動きは鈍く、餌の量もだいぶ少なくなっていました。

110401f.jpg
▲2009年12月21日

09年年末に紅緒は永眠しました。亡骸に鱗立症状はありませんでした。
紅緒の場合、腫瘍以外にも気になる事がありました。

110401g.jpg
▲2009年8月26日

それはこの二段になったお腹の膨らみです。
卵詰りか内蔵異常か・・・?
紅緒はシルクと繁殖行為までは至ったものの、シルクが何度巻き巻きしても産卵する事が出来なかったので卵詰りかもしれません。

▼2014年4月17日追記
この腫瘍は細菌性(エロモナス)によるものではないかと今では考えています。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
Posted by テール
comment:0   trackback:0
[ベタ・アクア
| HOME |