ベタとシュモの事とか
水カビと寄生虫治療
130809a.jpg

「シャレオツ写真ブログみたいにしたいんだけど!画像サイズを600×450にするか?640×480にするか?」と悩んでいるうちに1ヶ月以上経過していました(今は試験的に600×450にしている)。
個人的にはペットブログの画像は横幅600以上が好きです。
自慢のペットは!大きめの写真で!自慢してほしい!!

130809.jpg
狭い

あと2日で鋼×木苺の子供達が1歳8ヶ月になります。
そこそこ良いお年なので、体調を崩す子も出て来ました。

最近続けざまに経験したのが水カビ病と寄生虫感染です。
両方とも薬は使わずに完治させました。

130809b.jpg
▲寄生虫に感染したベタ。寄生虫はやや黄色がかっていた

いずれも混泳水槽の子達が罹病したので、水カビ病の子は2Lのペットボトルに隔離。
毎日、飼育水と水温を同じにした水(0.125%の塩+アクアセイフ入り)で2/3〜全換水しました。
病気治療の時は餌切りさせる人も多いですが、餌は抜かず、朝晩と高栄養価の餌(zicra SOD FOOD)を与えました。
感染場所は、頭部、尾鰭、鰓蓋とまちまちでしたが、どのケースも直径2〜3mm程度のカビだったので3日程で完治。
カビは日毎に大きくなりますが、3日目に突然消え、以後再発はしていません。

寄生虫感染は4匹のベタが住む水量約7Lの無濾過水槽で起こりました。
4匹(3匹は隔離ケース住まい)のうち、2匹に寄生。
こちらも水カビ病と同様に0.125%の塩+アクアセイフを足した水で2/3〜全換水を毎日。
水温は30℃前後。3日目には体表についた寄生虫は全て落ちました。
これが白点病やコショウ病の類いの場合、宿主から離れた寄生虫はシストを形成し底に沈み、やがて仔虫を増殖させるので水槽を丸洗い。
念のため、イソジンで消毒。底は特に念入りに。水も全換水。
翌日も念のため水槽丸洗い&全換水で完治しました。

薬を用いた治療の時も、ベタが餌を欲しがる様なら餌切りはしません。
塩の量が0.125%と少量なのは、塩が苦手な個体もいるからです。
(0.3%塩水浴をした時、便秘になったベタがいた)

薬を使わずに治療したのは私が薬浴嫌いというのもありますが、軽症だった事と、罹病魚に痩せ細った個体が多く、薬負けしそうだったからです。
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタの病気
| HOME |