ベタとシュモの事とか
ベタで遊ぶ
131114a.jpg

澪の水槽に張り付いて異常がないかチェックしていた時の事。
澪もこちらをじっ・・・と見ていたので、私は大きく口を開けてみました。
「私の動きを真似しないかな」と思いながら、ゆっくり口を開閉すること四度。
四度目に口を開けた数秒後に澪も口をパクッと開きました。

面白くなってまた口をパクパクしていると、再び四度目くらいに澪も数秒遅れで口を開きました。
更にその次は私が口を開けた瞬間、澪もパクッ!
水槽の前で大笑いしてしまいました。

131114b.jpg

ベタは威嚇の際に口を大きく開ける事がありますが、今回のパクッ!からはそういった気配は感じ取れませんでした。
水草に乗りかかったまま鰭もクタッとやる気なく、私の動きに釣られる様な感じでした。
Posted by テール
comment:10   trackback:0
[ベタ・アクア
さよなら九鉄
131106a.jpg

今日の夕方過ぎ、九鉄が亡くなりました。

131106b.jpg

夏頃から調子が悪く、置物みたいに動かないし、覇気はないし、各鰭はピンホールだらけで、餌にも反応がなく、痙攣も繰り返していたので正直八月の時点でいつ死んでも不思議ではない状態でした。

131106c.jpg

けれど九鉄は持ち直し、更にボロボロになりながらも九月十月と生き、ここ数日は餌を食べない日もありましたが、昨日は冷凍赤虫を食べ、今朝も体力がなくて飲み込めなかったけれど赤虫を食べようとし、ギリギリまで頑張って生きていました。
よく頑張った、お疲れさま。
Posted by テール
comment:10   trackback:0
[ベタ・アクア
ポップアイ
131105a.jpg

11月2日の朝、混泳水槽を見ると片目が飛び出ているメスを発見。
急いで隔離して、観パラ原液を染み込ませた餌を食べさせました。

131105b.jpg

右目は正常。
以前に同様の症状が出た時は2回のエルバージュ浴で完治させましたが、ポップアイには薬餌も効果的と聞いたので今回は実験を兼ねて薬餌だけで治療してみる事にしました。
もうすぐ2歳になる個体なので、負担が最小限の治療法を探ってみたかったからです。
状況によっては薬浴も行う予定。

131105c.jpg

目の下側の周囲は充血して赤くなっている。

比較的治しやすい病気(寄生虫・ポップアイ・水カビ病など)の時は2Lのペットボトルを使って隔離しています。
水は薬浴を行っていない限り毎日全換水。

131105d.jpg

11月3日、なんだこれは。
慌ててイソジン浴を行ったのですが、時間を間違えまして10秒で切り上げてしまいました。
生体のサイズにもよると思いますが、普通イソジン浴は5分間行うもの・・・(5分を5秒と間違えて記憶していた)。

薬餌への食いつきは良く、ペットボトル越しに見える姉妹に向かってフレアリングするほど元気があります。
朝と夜に6粒の薬餌(ぴコフロート 極小粒)と、おやつにジクラのベタ餌を2粒あげています。

▼参考 クラウンローチのイソジン浴について
THE SUISOU 寧々の闘病生活(14)最終話
THE SUISOU クラウンローチのイソジン浴

131105e.jpg

11月5日、白い組織が全てとれる。

131105f.jpg

目の縁、角膜?(ドーム状の透明な膜)の一部がなくなっています。
目の組織は再生しない様なので、これからどうなるのか分からない。
角膜?が破れた所為か、目の膨らみは少し落ち着きました。

▼参考 目がとれてしまった金魚について
*金魚とインコな日々* 衝撃的な出来事
*金魚とインコな日々* 目薬ぽたぽた

▼この記事の続き
ポップアイ・完治
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタの病気
| HOME |