ベタとシュモの事とか
シュモちゃんのおやつ
141031a.jpg
今日のおやつは何だろなー♪・・・・輸血パック?

141031b.jpg
・・・じゃなくてブラッドオレンジとデコポンのゼリーなんだって!

ベタの奴隷の会(オフ会)の時におサカナ日記のmochiさんに頂きました。
石丸農園さんで作られた蜜柑を使ったゼリーです。

輸血パックの様な見た目も可愛いんですが、とても美味しい。
私はゼリーが大好物なんですが、お世辞抜きでとても美味しい。
ウェブショップ、利用させて頂きますフフフ…
mochiさんありがとうございました!全味制覇してみます!

141031c.jpg
次のおやつは何だろなー♪ わっ1枚辺り100円もする西光亭のクッキーだ!

141031d.jpg
今日のおやつは豪華ねー♪・・・・ん?何か忘れているような・・・・・?

141031e.jpg

西光亭さんのクッキーは以前誕生日にSugar Dumpling 赤ベタ蜜月日記のまるまにあさんから頂いて知りました。
初めて食べた時、良い意味で予想を裏切られました。
気に入ったのでたまに人にプレゼントするのですが、後から感想を聞くと「驚いた」との返事。
とてもよく分かるよ、その気持ち。
まるまにあさんありがとうございました!全味制覇してみます!

141031f.jpg
あっあー!今日はハロウィンだった!ト、Trick or treat・・・!
・・・てもうお菓子貰ってるよねー!ご馳走様でしたアセアセッ
Posted by テール
  trackback:0
[シュモクザメのぬいぐるみ
ちょっとー
141030.jpg

患部の様子を確認したいから出てきて下さい(かわいい)

以前、ベタの尾腐れ病闘病記に「澪が泳ぐと壊死した組織が水中に舞う」と書いた事があるのですが、その様子を撮影しました。
開始から8秒後辺りで舞う白い小さな物がそれです。



それから昨日更新した魚の腫瘍についてですが「more...」に追記しました。
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタの病気
魚の腫瘍について
141029a.jpg
2014年10月27日撮影。発症に気付いたのは9月14日。

ここで軽く触れた遺伝性と思われる病気について少しだけ書こうと思います。

141029b.jpg

初期段階はこんな感じです。
腫れた部分を触ると硬い感触。
ここから二つのルートに分かれます。

1)徐々に腹水が溜まりピンポンパールの様な姿になるが、動きは元気で発症から数ヶ月は生きる。
2)お腹の腫れが確認された時点で体色が褪せ、あまり動かなくなる。餌食いも悪くなり腹水が溜まる事なく数週間で死に至る。

141029c.jpg

この白い仔(死亡)は2のパターンでした。恐らく1枚目の写真の仔(生存)は1のパターンでしょう。
お腹が硬く腫れる原因がまだ分からないのですが、今のところ腫瘍ではないかと考えています。

魚の腫瘍について以下2冊の魚病の本にはこう書かれています。

(監修)児玉 洋 (編集委員)川本 恵子、森友 忠昭、和田 新平「獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 魚病学」148頁より一部引用。

『魚類にも種々の自然発生性腫瘍がみられることは古くから知られていた。同一の腫瘍がほぼ同時期に大量発生する事例があることから、遺伝的素因の他に、環境中の発癌物質ないし発癌ウイルスの関与が示唆されている。』



(編)小川 和夫・室賀 清邦「魚病学概論 改訂 第2版」127頁より一部引用。

『自律的な過剰増殖をする細胞の集まりを腫瘍といい、良性と悪性とに分けられ、悪性のものは一般に癌と呼ばれている。良性腫瘍は原発部位において膨張・圧排的に発育するのに対し、悪性腫瘍は浸潤的に発育し、転移することを特徴とする。しかしながら、各個体の経歴を辿ったり、外科的処置を施すことの難しい魚類の腫瘍においては、両者の区別は実際にはあまり意味がないと思われる。腫瘍の原因は複雑であり、内因として遺伝的素因、ホルモンなどが、また外因として熱刺激、機械的刺激、放射線、化学物質(発癌物質)、ウイルス、寄生虫などが知られている。』



この病を発症して亡くなったベタの解剖も行ってみました。
生々しい写真ですが気になる方は「more...」をクリックして下さい。

 more...

Posted by テール
comment:16   trackback:0
[ベタの病気
隔離BOXの下
141028a.jpg

疑問:何故ベタは隔離BOXの下に陣取るのが好きなのか?

141028b.jpg

これは泡巣番をしているのではなく、気泡が付着した隔離BOXの下に居るだけ。

141028c.jpg

別アングルから。3枚とも同じ仔です。
Posted by テール
  trackback:0
[ベタ・アクア
包まれ
141017.jpg

鋼と木苺の子供達の数は現在24匹。
そのうちの3匹は遺伝性と思われる病気を発症。
その事に関してはもう少しデータが揃ってから詳細な記事にしたいと思っています。



3匹のうちの2匹がこの仔達です。
簡単に症状を説明すると、まず内臓がある辺りの右腹が腫れます(触ると硬い)。
その後暫くしてから腹水が溜まりはじめます。
観パラ薬餌は全く効きません。
この様な症状が我が家で10件近く、里親さん宅で3件確認されている事から遺伝性疾患だと考えています。
2ヶ月後に待つ3歳のお誕生日は一体何匹とお祝い出来るのかなぁ・・・。

※コメントの返信が滞っており本当に申し訳ございません。もう少々お待ち下さい。
Posted by テール
comment:0   trackback:0
[ベタの病気
メスベタの泡巣
141010a.jpg

10月3日、鶇が泡巣を作りました。
そして昨日9日もまた小さな泡巣を二カ所に作りました。

141010b.jpg

泡の大きさが均一ではなく泡巣作り初心者といった感じ(或いは大雑把なのかも・・・)

141010c.jpg

鶇はお腹が卵でパンパンなので、ソロ産卵をする為の泡巣なのかと思ったら違った様です。
同居中の汐に対するテリトリー主張なのかな?

因みに鶇は間違いなく雌ベタです。
熟睡中はかなり色が抜けるので分かりやすいのですが、浮き袋の下にある影が卵です。

よく「メスのベタもオスの様にフレアリングしますか?」「メスのベタも泡巣を作りますか?」という質問を目にしますが、メスでもオスの様なフレアリングをするし、泡巣を作る場合もあります。
Posted by テール
comment:1   trackback:0
[ベタ・アクア
くるくる
141009.jpg

「ベタの病気」というカテゴリーを追加しました。過去の記事も順次移動させます。



水槽内のアイスグラスの中でクルクルする澪ちゃん。
Posted by テール
comment:0   trackback:0
[ベタ・アクア
| HOME |