ベタとシュモの事とか
ベタの腫瘍について・その1
101028a.jpg
2008年10月29日撮影

加齢などによりベタに腫瘍が出来る事があります。
でも本やネット上では腫瘍に関する記事をあまり見かけないので書きたいと思います。

▼紅緒の場合

101028b.jpg
2009年11月14日。

エラの下、胸ビレの付け根の周囲が白く変色しています。

101028.jpg

日が経つにつれ、そこが膨らんできました。
腫瘍があるのは右側だけで、左側は何ともありません。

101028c.jpg
2009年12月10日。

自然に腫瘍がとれました。
体表は少し抉れたようになっていました。

101028d.jpg
2009年12月17日。

でもすぐにまた腫瘍が膨らんできました。鱗も捲れ上がっています。
この頃には動きは鈍く、餌の量もだいぶ少なくなっていました。

歳老いたベタの場合、薬が止めを刺す事があるので薬浴はしませんでした。
(薬はphを上げます)
抉れた部分から菌が入らないようにアンブレラリーフと塩をいれて、こまめな水換えを心がけました。

09年年末に紅緒は死にました。
でも生後1年半以上経っている事から腫瘍が直接的死因だったのかは分かりません。

▼この記事の修正加筆版があります。宜しければ以下からご覧下さい。
紅緒の腫瘍について
Posted by テール
comment:2   trackback:0
[ベタ・アクア
comment
最後の写真
松かさに見えますが。
エロモナス症にかかっていたのでは?
2010/10/28 10:49 | | edit posted by 通りすがり
通りすがりさんへ
通りすがりさん初めまして、コメントありがとうございます。

自分も一応松かさは疑ったのですが、最期まで鱗が逆立っていたのは腫瘍のある部分だけだったので、判断に悩みました。
でもお腹は膨らみ気味だったので、エロモナス症に感染していたのかもしれませんね。
2010/12/18 03:43 | | edit posted by テール
comment posting














 

trackback URL
http://syumo.blog116.fc2.com/tb.php/322-cbb75f13
trackback