ベタとシュモの事とか
紅緒の腫瘍について
110401a.jpg
▲2008年12月21日

腫瘍の話が続きますが今回はベタの腫瘍について・その1の加筆修正版になります。

110401b.jpg
▲2009年11月14日

怪我をした訳でもないのにエラの下、胸ビレの付け根の周囲が白く変色しています。
日が経つにつれ、そこが膨らんできました。
薬浴はせずアンブレラリーフと塩をいれて、こまめな水換えを心がけました。

110401c.jpg
▲2009年12月10日

自然に腫瘍の一部がとれました。

110401d.jpg
▲2009年12月17日

でもすぐにまた腫瘍が膨らんできました。鱗も捲れ上がっています。
腫瘍がある右側の胸ビレだけ随分と小さくなってしまいました。

110401e.jpg

この頃には動きは鈍く、餌の量もだいぶ少なくなっていました。

110401f.jpg
▲2009年12月21日

09年年末に紅緒は永眠しました。亡骸に鱗立症状はありませんでした。
紅緒の場合、腫瘍以外にも気になる事がありました。

110401g.jpg
▲2009年8月26日

それはこの二段になったお腹の膨らみです。
卵詰りか内蔵異常か・・・?
紅緒はシルクと繁殖行為までは至ったものの、シルクが何度巻き巻きしても産卵する事が出来なかったので卵詰りかもしれません。

▼2014年4月17日追記
この腫瘍は細菌性(エロモナス)によるものではないかと今では考えています。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
Posted by テール
comment:0   trackback:0
[ベタ・アクア
comment
comment posting














 

trackback URL
http://syumo.blog116.fc2.com/tb.php/361-2a6da3f9
trackback