ベタとシュモの事とか
卵の変化
111210a.jpg
▲朝5時の鋼さん。

夜。
「雄が卵の世話をしている間は夜間でもライトを点けておく」のが定説ですが、野生の場合ライトなんかないしなぁ~、と光量を低下させた間接照明だけしか点けませんでした。
明るさは満月の夜より暗め。

でも思うのですが、シャッターが閉まっていて外の明かりも入らない照明を消した真っ暗な部屋で、厚手の黒い布と断熱材で水槽を覆った状態でも朝の5時頃になれば繁殖中じゃなくても雄は泡巣を作り始めるので(=意外と見えている?)、水槽用ライトで煌々と照らさなくても大丈夫な気がするんです。

朝の4時頃水槽を見てみると、上の写真の様に鋼は泡巣の下でジッとしていました。
私が水槽に張り付いていても身動きしなかったので寝ていたっぽい。
でも暫くすると泡巣の補強を始めました。

111210b.jpg

昨夜まで卵があった場所を見てみると1つも卵がない!
「まさか食卵?」と慌てて目をこらすと

111210c.jpg
▲多分この時も寝ていたっぽい鋼さん。

10cmほど離れた場所に卵は移動していました。
底に卵は落ちていなかったので、やっぱり暗くても大丈夫っぽい。

111210s.jpg

卵にも変化が見られました。
昨日はただ真っ白いだけでしたが(写真:上)、白と透明の部分に分裂しました(写真:下)。
おおぉ・・・
Posted by テール
comment:6   trackback:0
[ベタの繁殖と子供の成長
comment
毎日同じ時間に点灯消灯していても
魚達の生活は、太陽の長さに沿っていたりするんですよね。
最近、日が沈む時間になると、水槽が明るくても
そそくさとお休み体制に入る我が家の魚達です。

生命の神秘!などとありきたりな言葉で表現するのはイヤですが
むむむむむ 興味深いです。
次の更新を楽しみにまってます!
2011/12/10 16:28 | | edit posted by まるまにあ
No title
おお!
産卵ですかぁー♪ オメデタ"*'*.丶(・∀・*=*・∀・)ノ*',*".オメデタ
我が家もおめでたですよ!
翡翠と、ルーブちゃんが産卵しましたぁ☆ミ
兄弟同士です、メノウ・パエラペア→翡翠・ルーブと来ています
子孫のあとつぎですよ♪
我が家の方が6日早いんですかね?せんぱいだぁ!!
2011/12/10 20:46 | | edit posted by クユ
そろそろ稚魚がぶら下がってる頃でしょうか♪
卵の中に稚魚が見えたときとか、ほんと感動しますよね
そっかぁ、電気を付けっぱなしにすることでお父さんの動きも活発なままで、
余計に卵が落ちたり稚魚が動いて、体力を消耗させていたかもしれませんね   
繁殖、懐かしいです 繁殖したときは、ホントに稚魚のために自分の時間を犠牲にして生活していた感じだなぁ(´Д`)
自分が、今はベタはいなくて細々アクアな日々なので、成長日記、楽しみにしてますね(笑)
2011/12/11 20:13 | | edit posted by ま~てぃん
まるまにあさんへ
魚の体内時計は正確ですよね。
うちで昔飼っていたミルクランチュウも、暗くても人間が起きる前から起きてエアレーションで遊んでいました。
どんなに暗くてもちゃんと時間になると起きていたので凄いですよね。
私も正確な体内時計と目覚まし機能が欲しいです(笑)

誰に教わるでもなく、鋼がきちんと世話をしてくれるので本能って凄いと感心させられます。
人間が心配しなくても、立派にやってくれるんですねぇ。
2012/01/02 00:48 | | edit posted by テール
クユさんへ
ありがとうございます!
初のおめでたです(*´艸`)
クユさんもおめでとうございます~!

6日早く、という事は月齢に関係なく繁殖出来たって事ですよね。
相性が良かったんですね~!
子育て頑張りましょうね('-'*)
2012/01/02 00:54 | | edit posted by テール
ま~てぃんさんへ
おぉ~!!
さすが繁殖の先輩ですね!大当たりです!
卵が変化していく様子にはわくわくしました。
NHK教育の理科の番組を生で見ている様で(笑)

夜間照明を点けなかったのは、日中卵(と稚魚)が全然落ちなかったからでもあるんです。
もっとポロポロ落ちるものだと思っていたので拍子抜けしました。
泡巣の粘着力すごいです∈(`・д・)∋゚゚゚

ベタにはついつい過保護になっちゃうので時間使っちゃいますよねぇ(^_^;)
2012/01/02 02:15 | | edit posted by テール
comment posting














 

trackback URL
http://syumo.blog116.fc2.com/tb.php/423-e09deadf
trackback