ベタとシュモの事とか
さよなら九鉄
131106a.jpg

今日の夕方過ぎ、九鉄が亡くなりました。

131106b.jpg

夏頃から調子が悪く、置物みたいに動かないし、覇気はないし、各鰭はピンホールだらけで、餌にも反応がなく、痙攣も繰り返していたので正直八月の時点でいつ死んでも不思議ではない状態でした。

131106c.jpg

けれど九鉄は持ち直し、更にボロボロになりながらも九月十月と生き、ここ数日は餌を食べない日もありましたが、昨日は冷凍赤虫を食べ、今朝も体力がなくて飲み込めなかったけれど赤虫を食べようとし、ギリギリまで頑張って生きていました。
よく頑張った、お疲れさま。
Posted by テール
comment:10   trackback:0
[ベタ・アクア
comment
こててん お疲れ様でした。

こててん見るたびに、はなちゃんの顔を思い出してましたよ。
我が家にきた兄妹のくうちゃんはなちゃんよりも長生きして
かわいい姿を見せてくれてありがとう。
2013/11/07 21:40 | | edit posted by まるまにあ
切ないですね。

九鉄ちゃん、本当に頑張ったから・・・
ゆっくり休んで下さい。

上手く言えなくて、ごめんなさいね。
天国で、お腹いっぱい赤虫食べて欲しいな!
2013/11/07 21:44 | | edit posted by くーちゃんママ
ベタは個性の強い熱帯魚だと思います。
多くの人は信じてくれないけど…。
だからこそ死んでしまうとホント悲しいですよね。

九鉄、お疲れ様でした。
2013/11/07 22:41 | | edit posted by
あらぁ~、お亡くなりになったんですね・・・
たしか先日、死んでる死んでる詐欺をやらかしてたのが、九鉄くんだったのかな・・・?
テールさんに飼われて、喜んでたと思いますよ。写真も一杯撮ってもらったし・・・。

残念です。ご冥福を祈ります。
2013/11/09 03:48 | | edit posted by hose
ご冥福をお祈りします
コメントするのは初めてです。
瀬里と申します、以後お見知りおきをお願いします。

いつも楽しくブログを拝見させていただいています。
去年ベタの飼育を初めてから、飼育の参考にさせて頂いています。

九鉄くんの活躍は色々楽しませていただいので、私もショックを感じています。
天国で安らかであることを願っています。
2013/12/29 23:20 | | edit posted by 瀬里
まるまにあさんへ
九鉄へのお言葉、ありがとうございます。
お誕生日パーティーをする予定だったので、せめて12月11日までは生きていて欲しかったのですが、九鉄が頑張っていたのは充分伝わっていたので、ただただ褒めてあげたいです。

兄弟姉妹の中でおめめキラキラ度1位は雄が九鉄で雌がはなちゃんでしたからね!
今頃天国で仲良くやってるといいなぁ・・・(九鉄ははなちゃんに負けそう)
2013/12/31 11:36 | | edit posted by テール
くーちゃんママさんへ
九鉄ほんとによく頑張りました!
八月には私も世話をしに行ったのですが「もう覚悟をしなくては」と思う事が何度もありました。
薬でどうこう出来る類いの不調ではなさそうだったし、見守る事しか出来ませんでしたが、そこから自力で調子を戻して今まで頑張ってきましたからね・・・。
私も妹も満足しています。

九鉄の事を想って下さってありがとうございます。
天国で喜んでいると思います。
2013/12/31 12:00 | | edit posted by テール
3番目にコメントを下さった方へ
九鉄へのお言葉ありがとうございます。

ベタはそれぞれに個性があって「同じ」と感じる事がないですよね。
私もベタを飼う前は「魚はみんな一緒。食べるか泳ぐかだけ」と思っていたので、こんなに個性豊かだとは思いませんでした。
それだけに一匹一匹がかけがえのない存在です。

九鉄はポワ~としていて、ちょっとベタらしくない性格の仔でした。
2013/12/31 12:57 | | edit posted by テール
hoseさんへ
お悔やみのお言葉、ありがとうございます。

そうです、死んでる死んでる詐欺の犯人は九鉄です!
あの時は本当にヒヤヒヤしました。
あ、九鉄の飼い主は離れて暮らしている妹なんです。でも定期的に呼ばれて往診しに行っていたので私のカメラには九鉄が沢山写っています(笑)

妹にとって初めてのベタなので、まめに世話してもらって贅沢な暮らしをしていましたよ。
2013/12/31 13:10 | | edit posted by テール
瀬里さんへ
瀬里さんはじめまして!
コメントありがとうございます('◡')
いつもうちの仔かわいいカワイイばかりで何の参考にもならないブログですが、楽しんで頂けたら幸いです!

九鉄へのお悔やみのお言葉もありがとうございます。
九鉄は大人しくていつもカメラ目線の写真を撮らせてくれたので、離れて暮らしていたのに一番多くカメラに写っています(笑)
昼寝をしている様な死に顔だったので、最期は苦しまずに逝けたのだと思います。
今頃天国で両親や兄弟達と再会しているといいなぁ、と思います。
2013/12/31 23:15 | | edit posted by テール
comment posting














 

trackback URL
http://syumo.blog116.fc2.com/tb.php/563-47477e38
trackback