ベタとシュモの事とか
ポップアイ・完治
こちらの記事の続きです。

140131a.jpg

ポップアイ完治しました。
目の縁の抉れた部分は凹んだまま塞がり、角膜?(ドーム状の透明な膜)は元通りに。

140131b.jpg

正常な右側と比較すると目の縁が欠けているのが分かります。

140131c.jpg

目の白濁は、

140131d.jpg

この通り。
治療は観パラDの薬餌だけで行いました。

▼11月5日以降の流れ

140131e.jpg

2013年11月6日、目の下の抉れた部分に白いデキモノが出来る。

140131f.jpg

▲これは別の個体(雛)ですが同じ様に体表が抉れ、そこから白い組織が盛り上がっています。
これは放っておくと大きくなり、数日で自然に無くなったと思いきや再びまた盛り上がっては無くなって~を繰り返し、徐々に悪化していきます。そして患部の周囲の鱗は逆立って来ます。
薬餌を与え続ける事で抑止・完治させる事が出来たので、今回も長期服用を試みる事にしました。

11月7日、白いデキモノが2倍の大きさになる。
11月8日、デキモノがなくなる。
11月11日、目の飛び出し(ポップアイ)が治る。
11月12、白濁はまだ治らない。

その後も薬餌を朝晩与え続け、11月中には白濁も治りました。
ただ抉れた部分が塞がったのか見た目ではよく分からなかったので、その後も薬餌を与え続けました。

▼詳細データ
ポップアイ発症時の生体の年齢・・・生後1歳11ヶ月。
薬餌投与期間・・・2ヶ月半。
薬餌の量・・・朝晩各5~6粒(普通の餌はあげていない)
水温・・・26度。
水換え・・・毎日塩素中和剤を混ぜた水で全換え。塩は使用していない。

エルバージュ薬浴で治療した時より若干早く治りました。

140131h.jpg

薬餌の作り方。
この程度の餌の量なら観パラD(原液)を1~2滴垂らして乾燥させて出来上がり。
半乾きだと必ず吐き出されるので、完全に乾いてから与えています。
柔らかめで匂いの強い餌(ジクラのベタ餌や究極の餌ベタ用など)で作ると食べやすいようです。

140131g.jpg

これは昔飼っていた仔ですが、当時はどうすればいいのか分からず治す事が出来ませんでしたが、これも薬餌で治療できたのかもしれない。
紅緒のこの症状も同様に。
Posted by テール
comment:10   trackback:0
[ベタの病気
comment
よくここまで治りましたね。よかった・・・

他に何十匹と飼育されているのに
2ヶ月半もの間、毎日換水と薬餌って、なかなかできる事じゃないです。
尊敬します。

腫瘍の出来たベタを見たことがないのですが(うちのベタに限る)
なってしまった子が出たら参考にさせていただきます。
2014/02/01 12:50 | | edit posted by mochi
観パラDってこうやって使うんですね。
タメになりました。ありがとうございます。

毎日換水は脱帽です!ホンッと尊敬します。
さすがベタの奴隷とおっしゃるだけあります。

ベタの奴隷=尊敬の称号かな(笑)
2014/02/01 13:49 | | edit posted by hose
完治おめでとうございます!
ポップアイの完治、本当に良かったです!!

我が家のベタもポップアイになって、まだ治療中です。
発症は、クリスマス頃で・・・一度ぶり返したので、長引いてしまってます。本当にやっかいな病気ですね!!

うちの子は、エルバージュを使用しました。

もう腫れはひきましたが、心配なのでもう暫くは要注意で見とかないといけませんよね??

観パラの治療、詳しくて参考になりました。
薬餌に切り替えてみようと思います。
ありがとうございました!!
2014/02/03 11:31 | | edit posted by くーちゃんママ
おめでとうございます
ポップアイ完治おめでとうございます(*^-^*)
ポップアイなどは中々完治しなくて、失明してしまったなどの話も聞いたことがあるので、愛情がたっぷり詰まったお世話のお蔭ですね!
私はまだベタ飼育歴が短いせいか、ポップアイや腫瘍のようなものは経験したことがありません。

今一番手を焼いているのはヒレが治らないことでしょうか(;´・ω・)
ヒレ裂けが中々・・・というより水質などが合わないのかきれいなヒレに仕上げてあげることができません・・・
ブラックウォーターにしてみたり、塩を少々入れてみたり・・・
試行錯誤はしてるんですが、あまりいじって体調を壊すのも嫌なのでとりあえず程々で様子を見てます(-_-;)
ベタって難しいですね。
もっといろいろ勉強してきれいで丈夫に育ててあげられるようになりたいものです。
2014/02/17 18:43 | | edit posted by 瀬里
mochiさんへ
通常のポップアイなら治せる自信はあったんですが、今回は正直どうなるか全く分かりませんでした・・・。
悪化する事もなく順調に回復してくれて良かったです。
ありがたやー(-人-)

なんで毎日毎日ヤカン片手に部屋を往復しているのか・・・、と思う事もありますが(笑)好きだからこそでしょうね。
特に私の場合は病魚や障害持ちのベタに感情移入してしまうので。
でもコンテストに出ている様なショーベタブリーダーの方は更なる水換え地獄を味わっているそうなので、ベタ界恐ろしいな、と思います(笑)

腫瘍は高齢ベタに出来やすいです。
治療法のない腫瘍もありますが、今回の様な恐らく細菌性のものと思われるモノには薬餌が有効のようです。
薬浴と違ってダメージが少ない(というかダメージを受けている様子がない)のも利点です。
2014/03/01 00:28 | | edit posted by テール
hoseさんへ
普通は飼育水に混ぜて(=薬浴)使うんですけどね。
基本的に薬は鰓から体内に吸収されて効果を発揮するケースが多いので、薬浴するよりこうやって経口摂取させた方が効率的なんです。

尾腐れ病などの体表についた菌を薬で殺菌して治療する様な場合は薬浴じゃないと駄目だと思うんですけど、松かさ病や腹水病も体内の異常が原因なので経口摂取の方が有効と言われています。

毎日換水、慣れると生活の一部になってきますよ(笑)
そのかわり写真を撮る時間がなくなってしまいましたがー!
2014/03/08 04:27 | | edit posted by テール
くーちゃんママさんへ
ありがとうございます!
無事完治させる事が出来ました。

私も以前はエルバージュ薬浴で治したのですが、一回の薬浴(薬負けしなかったので三日間換水なし)では治らなかったので、三日間の休薬期間の後にもう一度薬浴して治しました。
その時に薬餌が効果的だとアドバイスを頂いたんですよ~。

ポップアイってぶり返す事もあるんですか・・・。
厄介ですね。
私は完治後も一ヶ月くらいは隔離&毎日換水で様子を見ています。
それで再発しないのであればもう大丈夫だと思いますよ。
2014/03/08 04:47 | | edit posted by テール
瀬里さんへ
ありがとうございます!
角膜が破れた時は本当どうしようかと頭かかえました(^.^;)
治ってよかったです。

腫瘍は一歳を過ぎたベタに多く見られますねー。
ポップアイは主な理由に水質悪化があげられていますが、うちのケースだと毎日換水していた水槽で発症したので、そして今回の仔も過去に発症した仔も混泳水槽の住人だったので、混泳によるアクシデントが原因ではないかと考えています。

鰭は傷ついた時に治りが悪い個体もいますね。
澪がそうなんですが、普通ならすぐ治りそうな鰭裂けが全く治りません。
幼魚の時からそうだったので、そういう体質なんだと思います。

あとは鰭が長い仔だったら、鰭の分の栄養が足りなくて治りが遅い場合もありますよ。
ベタ、言われてるほど丈夫じゃないですよね。
鰭溶けの原因が不明な事の方が多いし、もうベタは鰭を溶かすのが仕事だと諦めています(笑)
2014/03/08 05:15 | | edit posted by テール
ベタの目の病気
ベタのメスがホップアップ病にかかってしまいました[絵文字:v-404ベタのメスを隔離して様子を見ていたのですが、目が腫れてきたので塩浴させているのですが治るどころか酷くなっていく様子。薬は高くて今の自分では買えないです。薬がないとやはり失明してしまいますか?
誰か教えてください(泣)
2015/06/07 21:55 | | edit posted by 小倉
小倉さんへ
穴あき病の合併症で右目がポップアイになった老ベタ(穴あき病もポップアイも完治せず死亡)は右目が見えていない様でした。
基本的にポップアイは完治しやすい病気です。
治療には細菌感染症治療薬(エルバージュ、観パラD、グリーンFゴールド等)が必要となりますが、顆粒タイプで量が2gのものは1000円以内で購入する事が出来ますよ。

ポップアイになった際、薬を使用しなかった経験がないので薬を使用しなかった場合どうなるのか申し訳ありませんが私には分かりません。
2015/06/10 06:00 | | edit posted by テール
comment posting














 

trackback URL
http://syumo.blog116.fc2.com/tb.php/567-575b6294
trackback